透析時に皆様から寄せられるご質問にお答えします。

川端診療所:Tel 075-771-6298 川端鍼灸治療院:Tel 075-762-2101

HOME透析のご案内透析Q&A
透析のご案内

透析Q&A

透析Q&A透析を受けられる際に、皆様が感じられる疑問のなかでも特に多い、透析時に起こる不均衡症候群についての質問にお答えしております。

皆様が透析時に、おかしいなと感じられることがございましたら、かかりつけのお医者様やこちらのページ、もしくは透析チェックマニュアルをお調べいただくことをおすすめします。また、皆様からのご質問はお問い合わせフォームからも承っております。

不均衡症候群とは何ですか?

不均衡症候群は、透析導入初期の、透析中や透析直後に起きる好ましくない症状をいいます。
多くの原因が関係しているのですが、一般的には全身的な症状と中枢神経症状が認められます。具体的には血圧の低下や全身のだるさ、不整脈、脱力感、足に起こるこむらがえりなどがあります。また、中枢神経症状では、頭痛、悪心、嘔吐、不安感やあせりなどが生じます。
血液透析を行うと、血管内にある老廃物が始めに浄化されます。この血液が体内を巡ることで細胞内液中の老廃物は血管内(細胞外液)に移動し、ダイアライザ−を経て除去されます。
ここで、血液は老廃物を運搬する役割を果たし、細胞外液は血液に老廃物を供給することになり、そして細胞内液の老廃物はさらに細胞外液に移動することで、全身の体液が清浄化されてゆきます。
老廃物の尿素、クレアチニンなどをはじめとする尿毒症物質は細胞膜を通過できるため、透析前には全体液にほぼ均等に分布していますが、膜の通過が完全に自由ではないために、透析中には細胞内と外液の間にある程度の濃度差ができてしまいます。特に、脳はこの濃度差が顕著に現れます。こうして血液と脳組織の間で、尿毒素や電解質のアンバランス(不均衡)がおこり、一時的に脳に水が溜まったことが原因で、頭痛、悪心、嘔吐が発生するのです。

透析中に血圧低下が起こるのはどうしてですか?

透析により尿毒素を取り除き、水を引いていくと急な浸透圧の変化が起こって、循環している血液量が減り、血圧が低下するからです。
血圧が低下してくると、眠くなってあくびがでたり、冷汗が出てきたりします。こうした血圧低下を防ぐには、体重の増加を抑えて、時間当たりの除水量を少なくし、マイルドな透析をすることが大切。
また、糖尿病患者様や高齢の患者様では、自律神経や血管神経の機能低下、心臓の機能低下からも低血圧を起こします。さらに、降圧剤を服用している時にも、低血圧が起きることがあります。こうした場合は、血圧のコントロ−ルや降圧剤の種類、量、服用時間の調節などが必要になります。

透析中に血圧低下が起こったときはどうすればいいの?

透析中に血圧が低下した場合は、頭を低くして足を高くし、心臓に帰る血液量を多くしたり、生理食塩水を注入して循環血液量を増やしたり、浸透圧の高い食塩水を注射したり、血管を収縮させる注射をすることで血圧を上げます。また、予防的に透析開始前や透析中に血圧を上げる薬や強心剤を使うこともあります。
ドライウエイトの設定が低すぎたり、実質的に肥ってきている場合は、除水によって血圧が低下することがあります。このような時は、ドライウエイトを再検討して経過をみます。

透析後半にこむらがえりが起こるのはなぜですか?

こむらがえりは、透析中や後半に起こりやすく、足だけでなく手や胴体部にも起こることがあります。原因は透析によるナトリウム除去や循環血液量の減少であると考えられています。
これを予防するためには体重増加を抑え、時間当たりの除水量を少なくすることが大切です。起った場合は、2%塩化カルシウム、10%NaCl、生理食塩水などを注入します。また、アンカなどで暖めておくと起こりにくいようです。

透析中におなかがしぼれる様な痛みがでることがありますが、なぜ起こるのですか?

この症状は、こむらがえりと同様に、除水が進んできた透析後半に多く起こります。
原因は、血圧低下や循環血液量の減少による腹部臓器、消化管などの虚血によるものです。予防は体重増加を抑え、時間当たりの除水量を少なくすることです。
起こった場合は、生理食塩水を注入したり、消化管の動きを押さえるブスコパンなどを注入します。また、腹部を暖めておくと起こりにくいようです。

他の病院で透析すると発熱するのですが…

透析中の発熱は、細菌の増殖した透析液やエンドトキシンなどの発熱物質の混入した透析液を使用し、ダイアライザーから血液に進入した場合に起こります。
都市部での水道水はかなりエンドトキシンに汚染されていることが多く、これに対処していますが、ゼロ化には至っていません。
しかし、当院ではオンラインHDFによる極めて清浄な透析液を使っているため、こうした細菌、エンドトキシンなどの毒素の混入は起こらないため、安心して透析を受けていただけます。

透析で除水しているにもかかわらず、後半になると血圧が上昇するのはなぜですか?

透析患者様の高血圧は、大きく2つのタイプに分けられます。
一つは、腎臓で水やNaが排泄できないために体液がたまり高血圧になるタイプ。もうひとつは、レニン・アンギオテンシン系が重要な因子となって起こる末梢血管抵抗の増大によるレニン依存性高血圧と言われるタイプです。また、これらの2つが同時に関与していて、体液量に比べてレニン分泌が不適当に進んだ状態となるため、血圧が高くなることもあります。
これらは、予防的にアンギオテンシン変換酵素阻害剤などの降圧剤で血圧を下げることが有効です。また、透析中には、Ca拮抗剤であるニフェジピン(アダラ−ト)などで血圧を下げることもあります。

安定した透析をするには、どのような点に気を付ければいいですか?

まずは、チェックシートをご覧になり、体重管理と食事療法と薬物療法を守りましょう。
体重管理については、1日あきでドライウエイトの3%、2日あきで5%以内の増加に抑え、食事では水分、塩分、カリウムの3点に特に注意しましょう。特に塩分のとりすぎは、のどの渇きを催しますし、カリウムは、心臓の停止につながるためしっかりと管理しましょう。

診療時間

透析の受付時間は、以下のとおりです。

診療時間
午前
9:15〜14:30
 
午後 
15:00〜19:30
       
夜間 
17:00〜22:30
       

※ いずれも開始10分前に入室していただけます。入室前にあらかじめ、待合室の自動血圧計で血圧測定をしていただきます。
※日曜休診

透析のご案内
ページの上部へ

民医連 社団法人信和会 川端診療所 お問い合わせ HOME サイトマップ