当診療所所長から皆様へ一言ご挨拶を申し上げます。

川端診療所:Tel 075-771-6298 川端鍼灸治療院:Tel 075-762-2101

HOME診療所の特徴所長挨拶
診療所の特徴

所長挨拶

信和会 川端診療所の所長 田中義浩より、地域の皆様、当診療所に通院される皆様に一言ご挨拶を申し上げます。

所長挨拶

所長 田中義浩川端診療所は、およそ半世紀にわたる歴史を歩んでまいることができました。さらには21世紀の新たな展開を始めています。これもひとえに皆様方のご支援の賜物と職員一同感謝いたしております。
現在、診療所は内科一般外来を主軸に、腎、循環器などの専門外来、また整形外科、皮膚科を展開し、さらに漢方外来と幅広い分野で診療をいたしております。また同時に予防健診活動に力をいれ、皆様の健康管理に当診療所をお役立ていただいています。

人工透析分野では、京都でも有数の歴史と病床数をもって診療しており、これまでに多方面から高い評価をいただいてきました。これからも透析医療の質は勿論のこと、アメニティーの向上を含め、癒しの場として透析医療が提供できますよう、更なる発展を目指してまいります。

高齢化社会の中、リハビリテーションは、その役割があらためて重要視されています。これまで理学療法や通所リハビリテーションの整備につとめ、多くの方々にご利用いただいてきました。これからもリハビリや高齢者ケアを診療所の柱として、質を高め、またより多くの皆様にご利用いただけるよう予定をしております。

在宅診療においては、現在診療所内に在宅包括支援センターを設け、さらに訪問看護ステーション『ひまわり』が隣接地に移転されたこととあいまって、24時間在宅医療のご要望にお応えしています。安心して在宅医療を受けていただくネットワークの要として今後も役割をはたしていきます。

2006年9月より所内の鍼灸治療院が診療所東隣に移転し、規模も大きくスタートいたしました。東洋医学の融合により『癒し』をテーマにかかげ、皆様の健やかな心身づくりに寄与できますよう取り組んでまいります。

このように川端診療所はその周辺施設と連携しつつ、21世紀の左京南部地域における医療、介護の拠点として拡充し、みなさまの癒しの場として大きく生まれ変わろうとしています。

振り返って今、社会や経済に格差、不平等が公然と持ち込まれ、医療や介護にも自己責任とされ切り捨てられる流れにあります。これは本当に私たちの望むことなのでしょうか?私どもは生命や暮らしを守ることを第一に考え、皆様方と手を携えて行きたいと考えています。このホームページを通じまして、皆様との懸け橋とさせていただきたく思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

所長 田中義浩

2009年 新年のご挨拶

信和会 川端診療所・所長 田中義浩より新年のご挨拶を申しあげます。

 新年あけましておめでとうございます。
昨年は、アメリカに端を発した未曾有の世界金融、経済破綻が起こりました。バブル崩壊後長年かかって、ようやく少し落ち着きを取り戻した日本にも大きな波が打ち寄せてきており、今年は非常に厳しい年を迎えざるをえない状況です。
命、健康を支える基本となる医療現場も、社会保障切り捨てのもと崩壊寸前の様相であり、健康不安を抱えつつ日々を送っておられる方々が数多くおられます。 先の破綻劇は自由という名のもとに、貪欲な金融資本を放任し、冨を偏在させてしまった結果起こりました。一方で貧困層の拡大を招き、まさに世界規模での不幸が広がっています。この失敗のつけを次世代に先送りすることなく、ひとりひとりが安心して平和に暮らせる社会づくり、なにより命や暮らしを大事にする社会をなることを目指して日々つとめていきたく思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

所長 田中義浩

診療所の特徴
ページの上部へ

民医連 社団法人信和会 川端診療所 お問い合わせ HOME サイトマップ